結婚相談所は仲介が入る

結婚について色々と相談や対策ができる物がありますが、大きく分けて、結婚相談所と結婚情報サービスに分けられます。
結婚相談所と結婚情報サービスの違いにはいくつかありますが、その1つが仲介人が入るか入らないかの違いです。
結婚相談所の場合は、必ず仲介人が入り、色々な人を紹介したり、カウンセリングを行ったりしますが、結婚情報サービスでは、仲介人が入る事はありません。
この仲介人が入る事で、結婚相談所の方が、料金がわりだかになっています。
ちなみに入会料と成婚料に分かれている事も多く、成功した時に報酬としてかなりの料金が必要になります。


結婚情報サービスには店舗型とネット型がある

結婚相談所は、必ず運営している会社に出向く必要がありますが、結婚情報サービスの場合は、結婚相談所のように直接出向く事もありますが、インターネットのみでサービスを行っている会社もあります。
当然の事ですが、入会金は多かれ少なから掛かる事も覚えておきましょう。
無料の所は悪徳業者なので、使うのは止めておきましょう。
料金は店舗型の方が高く設定されており、インターネット型の方が料金は安くて済みます。
初めて結婚情報サービスを利用する時は、簡単で店舗に出向く必要が無いインターネット型をお勧めします。


サポート体制が違う

結婚相談所は料金が高く、必ず店舗に出向かなくてはいけませんが、結婚情報サービスの場合は、料金は企画的安く、インターネットのみで紹介などを行う事は前項で記しましたが、この結婚相談所と結婚情報サービスの1番異なる事は、入会した人に専属のカウンセラーが付くか付かないかの違いです。
結婚相談所では、カウンセリングを行った人が、その人の担当者となる事が多く、様々な相談や質問に答えてくれます。
それに対して結婚情報サービスの場合は、専任のカウンセラーがいないので、複数の人に対して1人の担当者が色々な業務を担当しているので、相談はメールのみという会社もあります。